くずは相続・遺言・成年後見相談センター 佐藤好恵行政書士事務所

遺言書作成

大切な家族が争うことのないように
遺言書のご準備

こんなお悩みはありませんか?

  • 相続財産の大半が不動産である。
  • 親と同居している子と別居している子がいる。
  • 子供がいない。
  • 相続人以外の人に財産を残したい。
  • 前妻との間にもうけた子供がいる。
  • 特別に多くの金銭援助をした子供がいる。
  • 自宅を誰に相続させたいか決まっている。
  • 介護等で特別に世話になっている子供がいる。
  • 障害のある子・介護が必要な家族がいる。
  • 相続手続きを任せたい人が決まっている。

当事務所がサポートします!?


1.遺言書は決して富裕層だけの問題ではありません。

平成26年度司法統計によると遺産分割事件の内、調停等成立件数の割合は、右の表のように、と、財産額5,000万円以下の方が全体の8割弱になっています。
相続争いは、『財産の額』の問題ではなく『財産の種類』と『家族の関係性』が問題になるのです。

2.「まだ元気だし遺言書をかくにはまだ早いかな」というお声をよく耳にします。それで大丈夫でしょうか?『遺言書は元気な内に』が鉄則です!

遺言書を書くには「遺言能力」が必要です。認知症等で判断能力が不十分な方が書いた遺言書は、後々、それが有効な遺言書かどうかで争いが生じるケースも多くあります。こうなると、折角、争いを防ぐために書いた遺言書が「争いの種」になってしまいますね。

残された家族が、争うことなくスムーズに相続手続きを進めるためにも、思い立ったら早めに遺言書を作成しましょう。
当事務所は、じっくりとヒアリングし、お客様1人1人の状況やご要望に合わせた遺言書作成のお手伝いをしています。


サポート内容

  • 遺言書に関するご相談
  • 遺言書案の作成
  • 自筆証書遺言作成支援
  • 公正証書遺言作成支援(添付書類の収集・公証人との打合せ・当日立会い等)

まずはお気軽にお問い合わせください。

  • 072-809-2275 【受付時間】9:00-19:00 / 土・日・祝日対応可
  • お問い合わせはこちら

対象地域:枚方市、寝屋川市、交野市、守口市、門真市、高槻市、大阪市、東大阪市、四条畷市、八尾市、大東市、堺市等大阪府全域、
八幡市、京田辺市、宇治市、京都市、長岡京市等